HONDA ape プラグの話

火が点かなければ、どんなハイエンドチューンのエンジンでも鉄屑です。

点火系は、意外とその効果を体感しやすい部分なので、既にこだわっている方も多いと思います。
私は現在、キタコ強化コイル、ノロジーケーブル、DENSOイリジウムの組み合わせで落ち着いています。
一方でアーシングにも興味があり、現在勉強中です。
検討中ではなくて勉強中なのは、なんだか自作できそうだからという理由だったり(笑)

過去に試したことのあるプラグの中で、面白かったものを1つ。

360マルチスパークプラグという、大変画期的な構造のプラグです。画像を見ると分かると思いますが、プラグ先端が変な感じですよね。
普通のプラグは、中央の電極から先端に飛び出した電極に向かって火花を飛ばすんですが、このプラグはその電極が同心円状に配置されていて、その名の通り、360度全方位に向けて複数(マルチ)の火花(スパーク)が飛ぶという代物。

構造上高回転エンジンには向かないんですが、それほどチューンしていない車両であれば(というかむしろノーマルに近ければ近いほど)、パワー向上や燃費向上の効果があります(体験済み)。まじでビビリますよ。プラグだけでこんなに変わるのか!って。

メーカーさんのサイトを読めば、その構造と特徴が分かると思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA