Visual Studio Code で Salesforce の Object 情報を取得する package.xml

Visual Studio Code で、デフォルトのままプロジェクトを作成して組織情報をダウンロードすると、オブジェクト情報(カスタムオブジェクトも標準オブジェクトも)はダウンロードされません。
eclipse 時代は全部情報が見られて助かったんですけど世知辛いデスネー(その代償として時間がかかっていたが)と思っていましたが、取得する方法があったのでメモ。

これらの object 情報が必要な場合は、 package.xml をちょっと手直しする必要があります。
既に CustomObject の Types があるならそれを修正、なければ xml 内に追加します。

<types>
    <members>*</members>
    <members>Account</members>
    <members>Contact</members>
    <name>CustomObject</name>
</types>

上記の例では、全てのカスタムオブジェクト(__c)と、取引先および取引先責任者の情報を取得しています。
カスタムオブジェクトに関しては「*(アスタリスク)」によるワイルドカードが有効ですが、これには標準オブジェクトは含まれません。ですので、member には特定のカスタムオブジェクトだけでよければその名前を、全てのカスタムオブジェクトが必要なら * を、標準オブジェクトが必要な場合はそれらを個別に、それぞれ必要な内容に応じて記述する必要があります。

情報ソース
https://developer.salesforce.com/docs/atlas.en-us.api_meta.meta/api_meta/manifest_samples.htm

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でそらみみをフォローしよう!