SHAD SH23 サイドパニアの改造

ADV150に SHAD SH23 を取り付けて使用しています。

使い始めて1ヶ月ほどですが、ちょっと改良をしてみたくなりました。
構造的な不具合ではないのですが、蓋についているロックをキーで回さないと蓋が固定されない(何の抵抗もなくパカパカ動く)という仕様なのが少し気に入らないのです。

SH23の蓋を開けたまま走ることはなく、キーでロックして走行する仕様は当然なのですが、ちょっとした休憩時にグローブなどをポンと放り込みたい、お財布を出してジュース買いたい、という時も毎回、キーをジャラリと取り出してロックを外し、走る前にはまたロックしてジャラリとキーを仕舞い込んで・・・という動作をしています。

なので、毎回キーでロックしなくても普通に市街地走行中くらいは蓋が簡易ロックされるような仕組みが欲しかったのです(高速走行や悪路など蓋が不意に開くとマジヤバイ時はロックする前提)。

というわけで、近所のDIYショップで、ドアや家具の扉を磁石で固定する部品を購入。

上の蓋に2箇所、下の本体に1箇所穴を開け、マグネットキャッチを取り付けてみた。

使用した部品は マグネットキャッチ GB中 というもの。Amazonなどの通販ではなかなか無いけれど、DIYショップや金物屋さんの家具補修用の部品として流通しているっぽい。蓋内部のスペースに収まるサイズなら別になんでもいい。
あとは取り付け用の皿ネジやナベネジのセット。自分はM3で統一し、下穴も3.2mmのドリルで処理しました。

これでサイドパニアの利便性がさらにアップするのぜ!

※この改造は、メーカーが想定しない使用方法になります。簡易ロックのままサイドパニアの蓋が開くような高速走行や衝撃の強い路面の走行などを行うと、不意に蓋が開いて内容物の飛散などの事故の可能性があります。改造や使用は全て自己責任にて行ってください。

※ホントはマグネット式じゃなく、パッチン錠 と呼ばれる部品でワンアクションで確実にロックできる方法が理想なんですが、取り付けできる部分の制約(ネジ止めするにしても裏側に干渉するとか色々)でまだ試行錯誤しています。もしいいアイデアあったら誰か教えて・・・w

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でそらみみをフォローしよう!