原付二種バイクをボアアップして軽二輪車登録する

50ccの原付一種(台形白ナンバー)を80ccの原付二種(台形黄色ナンバー)にする手続きは HONDA ape で経験済みだったのですが、125ccの原付二種(台形ピンクナンバー)をボアアップして140ccの軽二輪(通常の四角いナンバー)として登録する手続きを行ったので、その記録も兼ねてやり方をご紹介します。

なお車両や地域などによっては、ここで紹介する手続きとは異なる内容になる場合があり得ます。実際にご自分で実行される際には、関係各所に確認をとって自己責任でお願いします。

Italkitによる車両の140cc化

Italkitの140cc化パーツ一式をpjmeにて購入して輸入。
シリンダ、ピストン、ヘッド、インマニ、リードバルブバルブ(VForce3)、34mmキャブ、エアフィルターを変更。
その他細かい関連パーツも更新。

変更自体は普段のピストン交換と同じ工程なので簡単だが、キャブのセッティングを出すのにジェットやニードルを輸入して交換して・・・を繰り返したので時間がかかった。

スプロケットも純正より高速寄りに変更。
RS140のステッカーも業者依頼で作成し、車体側面にペタリ。

法的手続きとか

地味に面倒だったのは、元々原付二種だった車両を軽二輪として登録してナンバープレートを取得するステップ。
役所相手なので平日動く必要があり、念入りに準備しておき、有休取って一日で終わらせたった。

主なステップ
・原付二種ナンバー廃車手続き(廃車証明取得)
・陸運局にて届出書類作成
・陸運局でお墨付きもらった書類持って軽自動車協会で軽自動車税の手続き
・ナンバー発行
・任意保険手続き

●手続きのポイント1
陸運局で届け出する際、色々面倒なのは避けたかったので、この記事添付のURLにあるような自作の裏付け資料と写真(印刷物)を持参。写真は、車両全景、交換後シリンダの径を計測している写真、ピストン行程を計測している写真(ピストン下死点時のシリンダ内縦寸法)を添付した(返却されなかった)。

●手続きのポイント2
申請や保険関係は、面倒がらずに関係各所に事前に質問、ネゴしておき、事情を説明した担当者名を控えておく。
かなりマイナーな手続きなので、当日窓口でいきなり話を切り出しても時間がかかる。
また、必要不要にかかわらず、関係する書類(メール文面や写真の印刷物も)は全てカバンに入れて手続きに行くこと。

面倒だし税金も上がるしネタにしかならないけど、RS125の車体で高速走りたい一心で頑張った。

是非他のRSオーナーにも挑戦してみてもらいたいです。高速道路で全開にする気持ちよさは格別ですよ!ww
↓下から提出書類の雛形を見られます。参考までに。

Googleドキュメントへ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA